メンテナンス

///// メンテナンスのお話し.2 //////夏に近づくにつれ、工房もむせ返るような暑さになって来ています。そんな暑さの中、長い船旅を終えてようやく大阪に届いた家具を一つ一つ丁寧に普段使い出来るようにチェックを行いパーツをバラし、再度組み直し強度を付けたり、引き出しの調整扉の開閉の調整、そして鍵も出来るだけ使えるように調整し直したり・・・・オリジナルの風合いを保ちながらメンテナンスを行っています。ですので、...続きを読む >

ナポレオンⅢ世

ここ数年とても人気の高いフランスのナポレオンⅢ世時代のチェア。華奢で可憐な姿はそこにあるだけで特別な空気を放ち多くの人を魅了しています。ナポレオンⅢ世時代とは今から約160年前の1852年~1870年フランス革命後、経済・文学・芸術において多大なる功績を遺したナポレオンⅢ世。この時代の家具の特徴は、ルネッサンス・ルイ15世・ルイ16世等の様々な様式をミックスされたスタイルで、黒塗り×金彩などはシノワズリの影響を受け...続きを読む >

ガラスドーム

フランスで見つけたガラスドームも入荷。フランスではナポレオングローブと呼ばれ、ナポレオンⅢ世時代1850年代から20世紀初期まで多く造られていました。木製の土台に高さのあるガラスドームが付いていて写真の様に好きな物を入れてガラスの中の小さな世界を楽しむ事が出来ます。元々は中にオブジェなどを飾っていた物で、結婚のお祝いなどを入れた物はグローブドマリアージュとも呼ばれている物もあります。大きさも様々あり、今...続きを読む >

陶器ボトルのお話し

///// アンティーク陶器ボトルのお話し //////素朴なぽってりとした質感のアンティークの陶器は丈夫なガラスの容器が多く造られるようになる以前に使われていました。ちょっと男前なこのボトル達は大きなサイズの物はビールや炭酸が入っていました。小さいサイズの物はインクボトル。どっしりとしとても丈夫です。食品のパテなどが入っていた容器もあります。清潔感の有る白い色なのでお花を生けたり、アクセサリーなどを収納して...続きを読む >

工房にて

///// メンテナンスのお話し.1 //////HPの下の方にメンテナンスについて記載していますが、もう少し詳しくお話しを。アンティークの古い家具。向こうの方は、椅子など多少のぐらつきも気にせずに使われていますが、長く使って頂くには、メンテナンスを行う必要が有ります。工房には沢山の工具がり行く度に見た事の無い器具にワクワク。今はテーブルのメンテナンス中。風合いはそのままにし、天板の隙間や脚のぐらつきを直します。...続きを読む >