カリカチュール

伊丹市立美術館で開催中の
「カリカチュールがやってきた!」を見に行ってきました。
カリカチュール
19世紀最高峰の諷刺雑誌『カリカチュール』のリトグラフ作品の展示です。

これまで*Midiで扱ったフレームの中にも、
リトグラフ作品が入っているものがありましたが
もしかすると同じ作者のものがあったりしたのかな?
とワクワクしながら見ました。

ただ見ているだけでも十分に楽しい作品の数々でしたが、
当時の時代背景や人々の暮らしなど、
深く理解していればもっともっと楽しめるだろうな。
と思わせてくれる、奥深く見ごたえのあるものでした。
それぞれの作品には丁寧な解説が添えられていたので
無知な私でも理解できた部分もあったのですが、
帰ってからもじっくり掘り下げて楽しみたかったので
図録がなかったのがとても残念でした。

それでは、本日追加したアイテムをご紹介します。
小さいながらもどっしりと構えたアンティークテーブル
アンティークテーブル

モールディングがエレガントな枠付きフレンチドア
アンティークドア

土台とお花が一体となった姿が、1輪のお花のように可憐なデスクランプ
アンティークデスクランプ

パピエマシェは、シェル型のトレイ
パピエマシェトレイ

シノワズリデザインのお花模様が繊細に描かれたブラシ
パピエマシェブラシ

さあ、いよいよ今週は千里阪急でのイベントが始まります。
実店舗ももちろん通常営業しております。
皆様のお越しをお待ちしております。
chie
chie

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する